全体的思考と行為の方法 - ハンス ウルリッヒ

全体的思考と行為の方法 ウルリッヒ

Add: aligynul94 - Date: 2020-12-06 22:26:23 - Views: 6364 - Clicks: 6429

プロープスト 著 ; 清水敏允, 安西幹夫, 榊原研互 訳: 文真堂: 1997. ウルリッヒ, G. 全体的思考と行為の方法 : 新しいネットワーク社会の可能性を問う. 全体的思考と行為の方法 - 新しいネットワーク社会の可能性を問う - ハンス・ウルリヒ - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

全体的思考と行為の方法 ハンス ウルリッヒ, ギルバート・J. フロイトは症例狼男において、フロイトから見ると幼児期を十分に重視していないユングやアドラーの向こうを張って「子どもは過小評価されており、人は子どもに何が出来るのかをもはや分からなくなっている」[ⅩⅡ:137=14:109]と言っているが、実際、フロイトの精神分析の功績の一つ、とりわけハンス症例の功績の一つは、子どもがいかに多くのことをすることが出来るのかを示したことだろう。 それが明らかにしているのは、私たちが見る目を持つならば、子どもは本当にたくさんのことを示してくれるということであり、子どもは自らの周囲で起こるさまざまなことを感じ取り、それを自らの欲動との関わりにおいて多彩に解釈することで、自分なりにそれに応答しようと懸命に試みているということである。私たちはまずそのことに、つまり、ハンスの語りの清新さに純粋に驚くべきであり、また注意を向けるべきである。 この症例の前提となる事項を述べておこう。ハンスはフロイトに直接分析されたのではなく、フロイト支持者である父親がたびたびフロイトに指示を仰ぎつつハンスの分析を行ったのであり、それは実質的には日々の会話を通じてなされた。フロイト. 全体的思考と行為の方法 : 新しいネットワーク社会の可能性を問う H.

理解には本質的に歴史性が属している。理解は歴史的なものであり、伝承によって規定されている。 ガダマーはここで、伝承が歴史のなかで及ぼした作用の連鎖を作用史Wirkungsgeschichteと呼び、みずからの歴史性を踏まえて作用史を理解しようとする意識を作用史的意識wirkungsgeschichtliches Bewußtseinと呼ぶ。. 【最安値 3,960円(税込)】(4/9時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:ゼンタイテキ シコウ ト コウイ ノ ホウホウ アタラシイ ネットワーク シャカイ ノ カノウセイ オ トウ|著者名:ハンス・ウルリヒ、ギルベルト・J.B.プロプスト|著者名カナ. 全体的思考と行為の方法―新しいネットワーク社会の可能性を問う ハンス ウルリッヒ、ギルバート・j.

11: 意思決定支援としての企業理論: ヘルムート・コッホ 著 ; 清水敏允 訳: 千倉書房. 11: 経営経済学の課題と方法: g. 全体的思考と行為の方法―新しいネットワーク社会の可能性を問う 単行本 著者名: ハンス ウルリッヒ (著), ギルバート・J. 新しいネットワーク社会の可能性を問う 著者:ハンス・ウルリヒ/ギルベルト・j.b.プロプスト出版社:文真堂サイズ:単行本ページ数:358p発行年月:1997年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「book」データベースより)経済界、政界. さて、私たちの関心からして以上の経過をまとめると以下のようになるだろう。ハンスの馬恐怖症をフロイトははじめ母へのリビード、母への愛の要求が抑圧され不安に転化し、それが馬に遷移されたと説明しようと試みたが、それは症状が解消されなかったことで失敗だと分かる。そもそも、抑圧の理由が説明されていないし、また母が付き添っても不安だったことに説明がつかない。 しかるに最初の介入の一端をなした女性器についての啓蒙が次の展開への突破口を開いてくれた。そもそも、「白い馬に噛まれる」という恐怖が、その背後に自慰とその罰への恐怖をのぞかせていたが、この女性器に関する啓蒙が否定され、さらに自慰が母親にも帰せられることで事態が見通しやすくなる。母親にも自慰が帰せられるのは母親の罰の脅しが脅威だったからであり、啓蒙が否定されるのは、それがその罰、つまり「去勢」の現実性を高めるからである。「白い馬が噛む」は「去勢不安」の遷移なのである。 しかるに続く日にハンスは自分なりに「去勢不安」の一定の克服を達成する。またそこではおちんちんの大きさへの不満と見なしうる言明がある。それは何に由来するのか。そして克服は何を帰結するのか。 続いて現れるのはキリン空想へと歪曲されたエディプス・コンプレクスであり、ここでハンスは自らの女性器の知覚に「くしゃくしゃのキリン」なる表現を与えるとともに、母への愛に基づく父への敵対心を表面化させる。これが「去勢不安」の克服とともに表出されるという連関は興味深い。「去勢不安」の克服とともに無意識的素材が表出されることは、この「不安」が抑圧を引き起こしていたことを推論させ、後期不安理論への道が開かれる。 以上をまとめれば、「白い馬が噛む」の背後にある「去勢不安」は「母への愛に基づく父への敵対心に対する父の罰」として捉えられており、また「女性器の知覚」はこの不安を高めるものなのだ。そうでなければ、「去勢不安」の克服が、キリン空想における、「母への愛に基づく父への敵対心」、すなわちエディプス・コンプレクスの表出と「女性器の知覚」の引き受けを可能にしてくれるという連関は理解出来ないだろう。 またおちんちんの大きさへの不満はいまやライバルとなった父との比較に由来しており、母が父を選んでいるという事実に直面して自らと父を比較するとき、ハンスは自らの自己規定の中核に存する「ソコ」に原因. グ ンブレヒト氏は複雑性を高める精神科学の思考を「リスクのある思考」と名づける。 それは日常的な実践では用いられない思考である。 ここで二つの例が挙げら れているが、これも日本での講演と同じなので、そこから引こう。. 全体的思考と行為の方法―新しいネットワーク社会の可能性を問う ウルリッヒ,ハンス〈Ulrich,Hans〉 / プロープスト,ギルバート・J.B.【著】〈Probst,Gilbert J.B.〉.

次に第3部の議論を見ていくことにしよう。ここでガダマーは言語に着目し、言語が解釈の前提であり、地平融合を行うための媒体Mitteであると主張する。 上で見たように、ガダマーによれば、理解は過去と現在をつなぐ(=地平融合する)ものである。ガダマーがここで言いたいのは、理解のための媒体が言語であるということだ。. ウルリッヒ & g. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 合理主義の用語解説 - 理性論 (主義) とも訳される。人間理性は他の力をかりずとも客観的真理を把握しうるとする哲学的立場の総称。根本的には認識論上の立場であり,感覚体験を退けて理性のみが真理に達しうるとする。数学をモデルとして演繹の. まず症例ハンスのフロイト理論における位置を明確にしておこう。すでに「器質的抑圧」を論じたところで簡単に述べたが、1909年に発表されたハンス症例はフロイトが「神経症の中核的コンプレクス」という発想にいたるきっかけとなった症例である。本症例の最終ページ近く、フロイトはある「原理的な区別」[Ⅶ:369=10:165]2)フロイトの引用はドイツ語版全集巻数:ページ=日本語版全集巻数:ページと指示する。全集の邦訳を参照しつつ、著者が改めて訳出している。Freud, Sigmund (1999) Gesammelte Werke in achtzehn Bänden mit einem Nachtragsband, Frankfurt am Main: S. 初めに本書の全体像を以下のようにまとめておいた。 ここまで見てきたら分かると思うが、本書で主張しているのはまさしくこのことであって、これ以上のことは何も言っていない。確かにボリュームはあるが、基本的には同じことの繰り返しだ。そもそも本書自体が、本質的には、ハイデガーの二番煎じでしかない。二番煎じどころか、発表された当時においてさえ時代遅れだったといえる。 本書が発表された1960年までに、言語論ではヴィトゲンシュタインやソシュールといった革新的な思想家が現れていた。言語ゲーム論を展開した『哲学探究』が発表されたのは1953年だし、ソシュールの思想は、講義ノートなどを通じて、1950年代から次第に明らかにされていた。しかしガダマーは本書で彼らに一切言及していない。ラッセルやサール、オースティン、クワインといった分析哲学も完全無視だ。それは果たして言語論としてもどうなのだろうか? ガダマーには「自分こそが哲学の伝承を正統に受け継いでいる」という自負感があったかもしれない。だが、そうした自負があればこそ、最新の学問的知見を徹底的に吟味する必要があったはずだ。自分の城にこもって、都合のいい事実を取り入れているだけでは、到底哲学の伝承を受け継いでいるとは言えない。ただの面倒臭い権威主義のオッサンでしかない。. See full list on philosophyguides.

Pontaポイント使えます! | 全体的思考と行為の方法 新しいネットワーク社会の可能性を問う | ハンス・ウルリヒ | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 全体的思考と行為の方法 (日本語) 単行本 – 1997/11/1 ハンス ウルリッヒ (著) › ハンス ウルリッヒのAmazon著者ページを見る. 全体的思考と行為の方法 新しいネットワーク社会の可能性を問う:本・コミックのネット通販ならセブンネットショッピング。セブン‐イレブン店舗受取りなら送料無料&24時間受取れる。. 全体的思考と行為の方法 : 新しいネットワーク社会の可能性を問う: ハンス・ウルリッヒ, ギルバート・j.

プロープスト 他 | 1997/11/1 単行本. 次にガダマーは、芸術の解釈について論じる。 ここでガダマーが着目するのは近代美学、とりわけカント美学だ。 ガダマーによれば、カント以前、美的認識は教養や、共同のものによって養われる共通感覚といったバックグラウンドをともなっているものと規定されていた。しかし、カント美学は主観主義におちいり、芸術の真理を見て取ることに失敗してしまったという。 では、ガダマーにとって芸術とは何だというのだろうか。それは以下のような感じだ。 芸術作品の経験は瞬間的・現在的なものではない。それは歴史的な基礎に基づいている。歴史的な基礎を受け継ぎ、そのもとで芸術作品に出会い、作品を通じて自分を理解すること、これが芸術の本質である。そうガダマーは言うわけだ。. 序論でガダマーは、解釈学の認識論的な議論を行っている。 ガダマーいわく、芸術やテキストの解釈は、近代科学の方法による学的認識とは異なる。異なるというよりも、むしろそれ独自の積極的な意味をもつ。 その意味は何か。それは伝統の「真理」を解釈によって認識することだ。 芸術作品や歴史は真理を語る。語られる真理の声を、耳を傾けることによって聴き取ること。これが解釈学の目的である。そうガダマーは言うわけだ。. デカルトは『精神指導の規則』という論文(未完)のなかで、「真理」の探究には「方法」が必要である、と主張している。 デカルトのいう真理とは、数学的な意味での真理、すなわち、明晰で明白な直観から出発し、権威や伝統といった「外部」を排除したうえで、演繹という方法に従って合理的に考えれば、誰もが到達しうる認識を指している。デカルトのいう「方法」とは、その認識に達するための規則、ルールにほかならない。 一方、ここでガダマーが言おうとしているのは、真理は、歴史的な存在である人間が、「伝統」の解釈を通じて手に入れることができるものだから、方法のような道具によって行うことはできない、ということだ。 “真の理解”に必要なのは、伝統、権威、先入見であって、方法ではない。真理は歴史的な解釈によってあらわにされるべきものであり、主観が方法を使って真理に到達できるとする見方は、先入見の意義を認めない啓蒙主義のおこがましさの表れである。ガダマーが言うのは、要するにそういうことだ。 ただ、率直に言うと、ガダマーの批判は的外れだ。 ガダマーの言う真理は、伝統の作用史の流れのうちで行われる「解釈」によって掘り当てられるべきものだ。だが、この構えには決定的な問題点がある。ガダマーは、伝統を“正しく”受け取り、それを”正しく”適用することが、真理を保証すると考えている。だが、その受け取り方、適用の仕方が本当に正しいと判断する客観的・普遍的な標識、規準はどこにも存在しない。 ガダマー的には、権威のあるひとが「これが正しい」と言えば、それが正しいことになる。しかしそれは学問と言うよりもむしろ宗教に近い。なぜなら、権威を測定する客観的な基準は存在しないからだ。例えば、ハイデガー対フッサールのような形で権威が立ち並んだときに、何が「真」の権威を定めるのか。それを真の権威と見なす人間の数以外には存在しない。 時代が経って、多数派が少数派となり、少数派が多数派となれば、権威の力関係も変化せざるをえない。これは言い換えると、時代に応じて、真の権威も変わりうるということだ。そうした移ろいやすい権威を「真」と名付けることは、根本的に不可能である。 確かに、教養という形で身についた伝統が、そのひとの直観を豊かにしてくれることはある。ある事柄を見たときに、背景知識を持っているのといないのとでは、直観の質が大きく異なって.

ウルリッヒ, G. ハンス ウルリッヒ,ギルバート・J. 文学から思考の方法を学んだと語る現代屈指の批判的知性が、「言葉と物」の危険な関係を問い直し、文学固有の政治性を解き明かす。 アリストテレス以来の詩学を転覆する近代文学の革命を鮮やかに示し、“文学”の核心に迫る現代批評の白眉。. 科学することそして哲学 分析的思考のアポリア--物理帝国主義の行方 自然科学の南北問題/分析的思考方法の本質/近代との対応/分析的思考方法の超克 / 村上陽一郎 / p36~43 (0022. Fischer Verlag =(-) 『フロイト全集』岩波書店.を立てることを宣言する。 その分析過程の途中で、ハンス少年は一方で「自慰を止め、排泄物や排泄を見たことを思い出させるものを吐き気とともに遠ざける」など、「その性における支配的な構成要素」、つまり自己身体に対する自体愛への「抑圧」を経験している[同上]。これが「幼児的」な性に関わる「器質的抑圧」と大きく重なっていることは明らかだろう。しかるに、「発病のきっかけとなる出来事において活性化され、症状、つまり恐怖症の内容に対する素材を提供したのはこの構成要素ではなかった」[同上]。 この条件を満たすものは別にあったのであり、それは「ハンスにおいては、先立って抑え込まれ、私たちが聞き知り得た限りでは、決して制止されずに表明されたことのない蠢き、父に対する敵対的-嫉妬的な諸感情および母に対するサディスティックで性交の予感に対応した衝動」[Ⅶ:369-370=10:166]、簡単にいえばエディプス・コンプレクスであった。 そしてこの点に関しては、「厳密に言うと、私はこの分析から何も新しいものを聞き知ることはなかった。つまり、確かにしばしばより明確ではなく、またより間接的な仕方においてではあるが、より成熟した年齢で治療された患者たちにおいて、いまだに言い当てることが出来ていなかったような何ものも聞き知ることはなかったのである」[Ⅶ:377=10:173]。 ハンスは今までのより成熟した患者の分析経験ですでに与えられていたものを明確化してくれたのであり、だ. ハンス ウルリッヒ,ギルバート・j. 間の思考と行為の方法にとってだけでなく、宗教的な意識に対してもたらす帰結につい ても論じている。同一の、あるいはよく似た出発点と経験を共有するに関わらず、ハン.

自己組織化とマネジメント Format: Book Responsibility: H. プロープスト『全体的思考と行為の方法―新しいネットワーク社会の可能性を問う』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認. はじめの一歩を踏み出そう-成功する人たちの起業術 マイケル・e. ガーバー 247頁 isbn:ウィトゲンシュタイン-天才哲学者の思い出 (講談社現代新書) ノーマン・マルコム 全体的思考と行為の方法 - ハンス ウルリッヒ 175頁 isbn:不安の心理学 (講談社現代新書) 生月 誠 190頁 isbn:4061493.

Probst (原著), 清水 敏允 (翻訳), 榊原 研互 (翻訳), 安西 幹夫 (翻訳). 現代の極点を生き抜いた代表的思想家の全体像。 isbnc3010〔〕A5 ハンス・ヨナス著 盛永・木下・馬渕・山本訳 ・560頁・4800円 〔主要目次〕 主観性の復権 はじめに 心身問題における争点 Ⅰ. 恐怖症は1908年初頭、ハンスが4才の終わりを迎えつつある時期に始まる。予兆となるのは母がいなくなって甘えられなくなるという不安夢をハンスが見たことであり、そもそも夏のグムンデン滞在でも夜しばしば不安になって母のベッドに寝かせてもらったのだった。 さて、ある日ハンスは一ヶ月も前のことを持ち出して叔母が僕はかわいいおちんちんを持っていると言っていたことを母に報告する。叔母は母がハンスを入浴させるところを見ていたのであり、小声で母にそう言ったのだが、ハンスはそれを聞き逃さず、今やそれに言及する。もちろん、フロイトに言わせれば、このハンスの地獄耳にもハンスが一ヶ月も後になってそれを持ち出すことにもすべて意味がある。それは二度目の誘惑の試みであり、母の愛への要求、リビードの高まりを示しているのである。 その二日後、ハンスは子守り娘といつものように公園に行くのだが、途中で泣き出し帰りたいという。そしてその日は母から離れようとせず甘え続ける。次の日に母は事情を知ろうとハンスが好きなシェーンブルンに連れ出そうとする。ハンスは泣き出し、行きたがらず、恐れる。途上では不安を示す。帰り道に長らく反抗. 全体的思考と行為の方法 雪の王と紅玉の少女 年4月発売文庫雪の王と紅玉の少女 ミンスラー物語 コルセーアiii? プロプスト編 ; 徳安彰訳 Language: Japanese Published:. 的視点)とそれを経験的に確証する方法が必要 である(Becker, 1998: 17-18)。シカゴ学派は, こうした視点と方法が比較的よく統合されてお り,またそれらに基づいて興味深いモノグラフ を数多く生み出してきた。この点でシカゴ学派. プロープスト 著 清水敏允・安西幹夫・榊原研互 訳. ハンス病み上がりの3月1日、父はハンスと駅に向かう道すがら、「馬は噛まない」ことを説得する。対するハンスは「白い馬は噛む」と言い張る。ハンスの語るところではそれはグムンデンでのある印象に依拠している。女の子の友人であるリッチィが家を離れる際、荷物を運ぶ白い馬の馬車が来ていたのだが、その馬が頭を下げてきたのに対し、リッチィの父がこう言ったというのである。「白い馬に指をやってはいけないよ。そうしないとそれは噛むからね」。 父の最初の反応は、それは「おちんちん」と関係しているのではないかというものだった。というのも、先に見たように母は「それに手をやってはいけない」と言っていたからである。ハンスはそれに対して「おちんちんは噛まない」といって、噛むのが白い馬であることを「躍起になって(lebhaft)」証明しようとした。このlebhaftな感じが分析の立場からすれば何がしか怪しいし、フロイトに言わせると子どもを自慰へと駆り立てる亀頭のむずむず感は通例「噛む」と表現される。 かくして、ここで「白い馬が噛む」という恐怖の背景には、自慰とその警告への連関とグムンデンにおける出発という印象との連関.

全体的思考と行為の方法―新しいネットワーク社会の可能性を問う 単行本の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 次にガダマーは、適用Applikationという概念について論じる。 適用と聞くと難しく感じるかもしれないが、簡単に言うと、これはテキストが語る意味を、伝承を用いて、現在の地平において理解することを意味している。具体的な状況に応じた理解、生き生きとした状況のうちで臨機応変に行われる理解、これをガダマーは適用と呼んでいる。 適用のニュアンスは、テキストの伝承が私の意識に先立っている、という点にある。私がテキストを理解するのではない、テキストが私に理解させてくれるのだ。 以上が第2部の議論だ。. シャンツ 著 ; 榊原研互 訳: 同文館: 1991. プロープスト著 ; 清水敏允, 安西幹夫, 榊原研互訳. ウルリッヒ, g. ナチス・ドイツには「生理学・病理学実験研究所」という遺伝学の研究機関があった。 この研究所は「カイザー・ヴィルヘルム人類学・優生学・人類遺伝学研究所」の指導のもとに、1943年5月、アウシュヴィッツ収容所内に設置された。. プロープスト (著), Hans Ulrich (原著), Gilbert J.

プロープスト『全体的思考と行為の方法 新しいネットワーク社会の可能性を問う』安西幹夫,榊原研互共訳 文眞堂 1997. プロープスト著 ; 清水敏允, 安西幹夫, 榊原研互訳 文眞堂, 1997. See full list on conception-of-concepts. 【tsutaya オンラインショッピング】全体的思考と行為の方法/ハンス ウルリッヒ tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの.

ストレスコーピングとは?意味やストレス理論を心理学の専門家「公認心理師」が解説しています。このページでは、ストレスコーピング理論の提唱者や歴史、意味や流れを確認できます。また具体的なストレスコーピングの方法も紹介しています。ストレス発散・解消方法が知りたい方に. プロープスト 文眞堂 1997年12月発売.

全体的思考と行為の方法 - ハンス ウルリッヒ

email: anadogas@gmail.com - phone:(756) 684-7159 x 1189

神秘の真光元パワー - 堀洋八郎 - 思索と行動のために アラン著作集

-> ねこマンダラ 癒しの塗り絵 - 梶原美穂
-> ゆるふわ花嫁修業 初めての発情期 - 水上ルイ

全体的思考と行為の方法 - ハンス ウルリッヒ - 交響曲第九番ニ短調作品 ベートーヴェン ルードヴィヒ


Sitemap 1

タイの歴史 - 〔チャーンウィット=カセートシリ〕 - サブダにチャレンジ クリスマスの